良い眠りにつくために|外反母趾を阻止しよう|歩行は重要な行為!

外反母趾を阻止しよう|歩行は重要な行為!

レディ

良い眠りにつくために

ベッド

肩こりや頭痛の原因

身体に合わない枕を使っていると、肩こりや頭痛の原因となります。理想の枕ですが、枕の硬さや高さがその人の体型に合っていることが大切です。高すぎる枕を使っていると首が沈み込んで、肩に刺激が加わります。また、低すぎる枕を使っている場合は、頭が後方に沈み込んでアゴが上がり、熟睡しにくくなります。ぐっすり眠れなければ、頭痛が起きるようなこともあるでしょう。理想の枕は、頭の位置を丁度良いポジションに固定してくれます。その人が寝ているときに同じ姿勢を保ちやすいように固定するのが、枕の役割となります。朝起きたときに、身体のあちこちが痛い場合は、枕が合わないことが考えられます。試しに枕の高さを変えてみてください。

選ぶときのポイント

理想の枕を選ぶときのポイントですが、その人の寝る姿勢によっても異なります。仰向けで寝る人と横向きで寝る人とでは、理想の枕が違ってきます。仰向けで寝る人の場合ですが、頭の位置が固定できるように真ん中がくぼんでいるものがあります。また、低反発枕などは、頭の形に合わせて枕が形を変えます。低反発枕は仰向けの人だけでなく、横向きの人も利用できるでしょう。抱き枕などは、横向きで寝る人のために開発された枕です。ほかには、うつぶせで寝る人に合った枕も、息苦しくないようにデザインされたものが売られています。枕の高さが、手軽に変えられるようなものもあります。その人の寝る姿勢に合わせた理想の枕がいろいろ販売されていますから、探してみてください。